旭の味は様々な要素で作られています。
それは「伝統」と「素材」、そして「人」

一、伝統

昭和二十三年、大阪府八尾市に生まれた旭食品。
戦後間もない食糧難の時代に、
先代社長がこだわりたどり着いた「ダシ」は現在も受け継がれ、
当時から変わらぬ手法で手間ひまかけて製造しています。

二、素材

全国から選りすぐった厳選素材は相性も考え抜かれています。
自分たちの足で探し出した素材ひとつひとつに愛情を注ぎ、 細部までこだわっています。

三、人

先代が創業した旭食品も、現在は二代目三代目が中心に。
多くの人の協力のもと動く旭食品の歴史は、
多くの情熱や愛情を持った人々の歴史そのものと言えます。

伝統


先代社長の並々ならぬ熱意と、努力が生み出した生産工程は、今現在も受継がれています。
これからもこの『味』を守り、皆様の食卓にお届けするため、努力し続けます。

①仕込み

②調合

③品質管理

④充填

⑤打栓(王冠)

⑥熱湯減菌・熱湯殺菌

⑦打栓(キャップ)

⑧ラベリング

⑨検品

素材


『全国を回って見つけた厳選素材』と『考え抜かれた相性』。
そして、素材の味を最大限に引き出す『製造工程』。
長年、探求し続けて生まれた旭のこだわり。

昆布

昆布の産地は、北海道。
主に利尻・稚内から取り寄せた昆布を使用しています。
北の冷たい海水で育った昆布からは、上品な香りにもかかわらず、深い旨みのあるダシが生まれます。
煮出したダシは、ポンズやつゆの「方向性」を浮かび上がらせます。昆布から出た芳醇な旨みによって料理の食材を包み込みます。

乾椎茸

乾椎茸は、本場大分を中心にこだわり、香りの良いものを厳選して使用しています。
椎茸から抽出した独特の風味や旨味は、ポンズやつゆの大事なアクセントになります。

 

厳選した混合節

創業者である先代社長が、厳選された混合節の「ダシ」を求めて、各地の鰹節を吟味。そしてたどり着いたのが、宮崎・熊本といった九州の鰹節でした。
その鰹節とサバ・うるめ・イワシなどを調合した混合節で取ったダシは、料理に深いコクと風味を与えてくれます。

スダチ・ユコウ・ユズ

ポンズの香りを決める大切な素材は、さわやかな香りをただよわせるスダチなどの柑橘類です。
ポンズの材料となるスダチは、徳島県の特定生産者から仕入れています。
美味しいポンズを作る条件は、さっぱりとしたスダチの香りが生きていること。果汁の配合は現在も二代目社長である高田悦司が行なっています。


代々受継がれた『想い』
旭の味の歴史はかかわった人々の歴史でもあります。